肌トラブル解消法

顔のシミを消す薬

シミには色々な改善方法があります。
1番即効性があるのが美容皮膚科などで行うレーザー治療です。
シミの大きさや濃さなど種類にもよりますが、一度のレーザー治療で消す事も可能です。
ただし、美容目的のレーザー治療は健康保険が適用されないので、高額な治療費がかかる傾向にあります。
病院によって治療費が違いますが、大体5~6回程のレーザー治療で20~30万円程かかるでしょう。
高額な治療費をかけたくないという方には美容皮膚科で処方してくれる薬が効果的です。
ドラッグストアなどにもシミ消し様の薬は売られていますが、病院で処方してくれる方が効果は高いです。
ハイドロキノンと言う成分はシミを消す効果がありますが、ある一定の濃度を超えると危険性もある為に医師の指導の元に使用しなくてはいけません。
ですから、医師の指導の元に使用出来る方がハイドロキノンの濃度が高く、効果も高いのです。
顔のシミは目立ちますので、病院で処方されたハイドロキノンが配合された薬を使用して、少しずつ消していきましょう。
まずは医師のカウンセリングを受けて見る事をおすすめします。
また、美白化粧品で毎日スキンケアを行う事で効果は更に高まります。
両方を継続して続ける事で徐々に消す事が出来るでしょう。

 

シミ以外の乾燥肌対策はこちらの知識がおすすめ!

>>乾燥肌予防法

 

シミそばかすを消す薬

シミ・そばかす対策を行う上で最も重要なのは予防です。作らないために日焼け止めクリームをしっかりと塗ったり、肌の代謝を高めてメラニンを蓄積しない状態を作り上げることが大切です。メラニンが作られてしまっても、古い細胞が剥がれ落ちる時に一緒に排出されますので、ターンオーバーさえしっかりと行われていればトラブルが表れることはありません。

 

できてしまった後に消す際に注目したいのが飲み薬です。内側からケアを行うことによって、予備軍の芽を摘むこともできます。化粧品と異なり、利用すれば顔だけでなく体全体に効果がありますので、いつの間にかできてしまった体のあちらこちらのシミにも効きます。シミやそばかすの薬に含まれる成分としては、ビタミンC・L−システイン・ビタミンE・B2・B6 等があります。抗酸化作用や新陳代謝の促進、メラニンに直接働きかける等でシミにアプローチしていきます。
口から摂取するだけでなく、塗りこむタイプの薬もあります。その中で最も有名なのがハイドロキノンであり、メラノサイト・メラニンの生成の素であるチロシナーゼに直接働きかけて、シミの原因であるメラニンの生成を抑えて減少させてくれますので効果的です。

 

敏感肌の人におすすめするシミを消す方法

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下している状態のため、紫外線や外部刺激を防ぐことができずにシミが出来やすく、一度できるとなかなか消えにくいと言われています。
シミを消す方法としては、美白化粧品があります。美白化粧品はシミを消す成分が配合されていることや脂質にあったものを使うことです。最も効果的な成分は、ハイドロキノンと言われています。ただし、ハイドロキノンは、白斑などの副作用があるため、安全性の高いハイドロキノン誘導体であるα-アルブチンなども人気があります。

 

肌に合わない化粧品は、効果があらわれにくいです。一般的に美白成分は刺激が強いことがあるため、肌が弱い人は、炎症やくすみの原因にもなります。
そのため、通常の美白化粧水を使ってもなかなか効果が出にくいことから、さらに低刺激のもの、肌のバリア機能を上げる、保湿効果が高いが含まれている美白化粧品がおすすめです。敏感肌の人は、肌の水分が蒸発しやすいため、乾燥しやすい状態です。また、バリア機能の低下とあわせて敏感肌特有のシミサイクルができているため、肌に潤いを与えることで、肌にハリが出てきます。その結果、肌のバリア機能が高まり、肌荒れがなくなることで、シミが消えます。